不動産投資に関する用語集です。
『青色申告』、『割増融資』などの不動産投資に関する知っておきたい言葉をご紹介しています。


再建築不可 さいけんちくふか

現存する建物の敷地が、建築基準法上の道路に接していないなどの理由により、「建物の再建築ができない」こと。


サブリース(借上契約) さぶりーす(かりあげけいやく)

一括してオーナーから借り上げ、別途、実際の賃借人に転貸すること。実際の転借人が不在でも、家賃が入ってきます。


敷地延長(敷延) しきちえんちょう(しきえん)

敷地を建築基準法上の道路に接道させるため、細長く飛び出した敷地部分のこと。このような形状の敷地を「旗竿地(はた


修繕積立金 しゅうぜんつみたてきん

区分所有マンションで、マンション全体の修繕のために前もって積み立てているお金のこと。管理組合では年1回の総会の


所在地 しょざいち

所在地には、①地番表示と、②住居表示の2種類があります。①地番表示は、登記簿に記載されている、地番や家屋番号の


所有権移転 しょゆうけんいてん

売買代金の支払いと同時に、売主と買主は、互いに協力し合って、所有権移転登記をします。所有権移転登記手続きは、司


白色申告と青色申告 しろいろしんこくとあおいろしんこく

申告とは、「納税者が自ら税額を計算して税務署に申告し、納付する」制度。青色申告とは、所定の帳簿書類を揃えている


自己資金 じこしきん

不動産を購入する際に必要な現金のこと。①現金購入の場合   販売価格+印紙代+登記費用+仲介手数料②ローン購入


設定賃料 せっていちんちょう

①賃借人がいる場合(オーナーチェンジの場合)は、現在の賃料のこと。②空室の場合は、近隣相場から算出した賃料のこ


セットバック せっとばっく

建築基準法第42条2項道路に接している敷地に建物を建築する際、「道路の中心線から2m敷地を後退しなければならな


接道 せつどう

建物を建築するには、その敷地が「建築基準法上」の道路に、間口2メートル以上接している必要があります。接道とは「


専有面積 せんゆうめんせき

専有面積の表示には、①壁芯(かべしん)面積と、②内法(うちのり)面積の2通りがあります。①壁芯面積は、販売図面


総戸数 そうこすう

1つの集合住宅の中にある「住戸の数」。住戸とはマンションなどの集合住宅で、それぞれが居住する1戸1戸のことです