不動産投資はシニア世代からも人気が高い!注目の街、夙川

50代~60代のシニア世代にも人気がある街が「夙川駅」周辺です。自然豊かな地域で商業施設も充実し、高級住宅地もある静かな場所です。2003年には近畿の駅百選に、住んでみたい街ランキングでは関西で上位に選出されるなど、注目の地域でもあります。桜の名所としても知られ自然豊かなのが魅力となっています。

gf01a201503132200kp437

夙川駅周辺はどんな町並み?

閑静なベッドタウンとして人口が増加している地域です。大阪と神戸の両都心へのアクセスがよく、高級住宅地として知られています。関西居住者が住んでみたい街で上位を獲得する人気スポットとなっています。阪急神戸線沿いで利便性がよく、おしゃれで高級感のある町であることが選出された理由です。

駅の北西には豪邸が建て並びます。かつては根津家の邸宅があったことでも知られ、阪神間の中でも屈指のお屋敷町として有名です。駅周辺には夙川や夙川公園などの自然が豊かで、駅近隣には遠藤周作が洗礼を受けたといわれる大聖堂があります。ほかにも大学もある地域で学生が集まる地域でもあります。

50~60代の方から人気がある理由

50代~60代のシニア世代から高評価を得ているのが夙川駅周辺です。梅田へは16分、神戸三宮へは11分で移動することができます。阪急電鉄は特急も10分ごとに停車するため、周辺地域へのアクセスが良くなっています。阪急甲陽線への乗り換えも可能で、苦楽園口や甲陽園などの人気住宅や六甲の山並みへ進める立地です。

河川敷に3km続く夙川さくら道は日本桜名所100選にも選ばれ、川と桜並木の景観が楽しめます。お花見シーズンには多くの客でもにぎわい、駅のホームからも桜並木を見られる景観があります。

駅前には夙川グリーンタウン、駅構内に成城石井とショッピングセンターが建ち並び、買い物の環境も整います。苦楽園方面にあるおしゃれなカフェ、ケーキショップなども人気スポットです。シニア世代だけでなく若い方からも支持されています。

夙川地域の住宅の傾向

夙川駅は大正9年に開業し当時は田園地帯が広がっていました。その後、香櫨園遊園地跡地に住宅開発が行われ、現在のような高級住宅が建てられるようになりました。単身世帯や新婚ファミリー世帯にも人気があり、駅周辺は高い建物が少なく開けています。賃貸住宅も低層住宅が多く建ち並び、開放感のある物件を多く保有する地域です。

高級住宅街の特徴を持つため、賃貸住宅の家賃も高めの傾向があります。独身世帯向けマンションでも1Kで5万円~という物件が多く見られており、管理費も含めると6万円以上の物件も少なくありません。ファミリー世帯向けのマンションではもう少し家賃が高めとなり、10万円を超える物件や戸建てタイプだと17万円代の物件もあります。オートロック完備など、築年数が高めできちんと管理されている物件が多くなっています。

大邸宅が多いため新築マンションの供給量はあまり多くなく、賃貸住宅を希望する人向けに早めに確保しておく考え方もあります。地域全体が高級感があり家賃は高めなイメージですが、多くの方が憧れを持ち住んでみたいと感じる地域です。

都会的な雰囲気と自然豊かな景色が調和した、両方の要素を満たす地域です。閑静な住宅街でシニア世帯にも人気が高まっています。交通の便も良く、駅前には買い物にも困らない商業施設が立ち並び、高級住宅地は憧れの地域でもあります。不動産投資先としても注目しておきたい場所といえます。

公園や病院等も整備してあるため、子育て世帯やシニア世帯など、のんびりとした環境を求める方に人気があります。家賃は高めの設定が多いことから、入居者の質を高めたいと考える不動産投資家にもおすすめの地域です。