利便性も良好!城下町の風情が残る「小田原」

castle-219882_1280
都心までのアクセスがよく、城下町の風情が残るのが小田原の特徴です。周辺には老舗のお店と大規模な商業施設が入り交じり、利便性と歴史を感じられる2つの要素があります。都心までのアクセスが良いため通勤や通学に便利なだけでなく、さまざまな産業の発展も期待できるスポットです。

東京まで約36分、横浜なら57分、新宿は1時間半と、都心までの移動も楽々。駅の周辺は活気があり楽しめる街

東京までは約36分、横浜までは57分、新宿へは1時間30分とどの地域へのアクセスもストレスがありません。周辺には多数の路線が通っていますから、移動する地域に合わせて選ぶことができます。JR東海道線、東海道新幹線、湘南新宿ライン、小田急小田原線、箱根登山電車、伊豆箱根鉄道大雄山線、など多数の路線が利用できます。

駅の周辺には昔ながらの商店街が立ち並び、地域の人たちに利用されています。中には500mほどの距離があるお堀瑞商店街、昭和30年頃から人々に愛されている緑一番街などもあります。他にも冬のイルミネーションが魅力の小田原線通り商店街、おしゃれ通り商店街など、多数の商店街が利用できるスポットです。商店街以外にも大型商業施設もありますから、買い物には困らない地域です。

小田原北條五代祭りや松原神社例大祭など、歴史のあるイベントが多いのも特長

小田原は戦国時代から城下町が発展した地域で、江戸には宿場町として栄えていました。今でも歴史ある風情が魅力の街としても知られており、観光スポットとしても活躍しています。

中でも目を引くのが小田原駅南側にある小田原城です。その周辺にも城下町に設けられた喰違の名残である国道225号線のクランク、天然の堀として利用された渋取川などもあります。土塁跡など歴史を感じさせるスポットも多数点在しています。

地域では歴史的なイベントも開催されています。小田原北條五代祭りはこの地域の目玉のひとつで、毎年5月に開催され多くの人たちでにぎわっています。他にも松原神社、大稲荷神社などの祭りも開催されており、神輿が街を巡行する様子を見ることができます。

老舗から大規模な商業施設までが揃うエリア。通勤・通学に問題がないだけでなく、多彩な産業が栄えていることで、“働く”にも困らないスポット

この地域ならではの産業が栄えている地域でもあります。小田原の地場産品の中には江戸時代に考え出された小田原提灯、木目が美しい小田原漆器、現在でも仏具などに欠かせない小田原鋳物、木材の幾何学模様を取り入れた箱根寄木細工、木肌を生かし絵を描いていく木造木象嵌などの伝統工芸が残されています。

小田原のグルメも多数誕生しており、かまぼこ職人などの伝統の技を生かした小田原おでん、小田原産のレモンやみかんを使ったご当地飲料の開発、かまぼこや梅干・干物などの加工食品も発達しています。茶道とともに和菓子も発達した地域で和菓子や洋菓子が多数販売されています。

このように伝統工芸から食まで発展しているため、地域で働くことにも困らない場所だといえます。駅前には大規模な商業施設も多数存在していますから、地元の人の買い物拠点としてだけでなく、仕事の場としても活用することができます。

さまざまな地域へのアクセスがよく、古い歴史と新たしい文化が融合している地域です。古くからある神社や小学校などもありますから、地域を通して生活支援が行われています。古い歴史だけでなく、駅前には大型の商業施設も立ち並び、買い物にも困らない場所です。以前は政治家や文化人の別荘地として発展していましたが、現在は高級住宅街やマンションなども立ち並び、利便性がよく住み良い街へと発展してきています。