,   

再開発完了!改めて注目の街に躍り出た二子玉川の魅力

人気が高まるといわれている地区に二子玉川があります。都心からも近く自然が豊かで子育てしやすい環境が整っており、良いイメージが付いているのが魅力となっています。さらに最近、再開発事業が完成したこともあって、若者達にも注目される街に変わってきています。ファミリー世帯だけでなく、若者のニーズも狙える地域として、二子玉川はねらい目といえるのです。

hotel-room-1261900_1280

高級ブランドのイメージが高い街

東京都世田谷区に隣接するのが、二子玉川です。多摩川や神奈川県川崎市にも隣接し、郊外にありながらも利便性の良い街として発展してきました。渋谷までは東急田園市線で約15分の立地、自由が丘までは大井町線で10分の立地にあります。

二子玉川はもともと遊園地やプールなどが作られ、市民の憩いの場として利用されてきた地域です。その後、昭和初期になると高台に邸宅や別荘が建てられるようになり、高級住宅街が広がっていきました。これがブランドを上げるきっかけとなり、デパートの誕生とともに街自体が高級化していった背景があります。

もともと成城や田園調布などの高級住宅地へも近い地域で、郊外ながらも自動車で訪れる買い物地として発展してきました。その結果、二子玉川には高級ブランドのイメージが付き、駅前にはブランドショップや高級レストランが栄えていきました。

おしゃれな場所も多い

駅前には海外ブランドが多数入るデパートが建てられており、マダムご用達のデパートといった雰囲気があります。さらに進むと昭和初期に建てられた財政界人の別荘や住宅街が見られ、邸宅の庭が開放されている場所を利用しながらのんびりと過ごすこともできます。

駅の東側には副業施設が建てられ、シネコンやホテルなどがオープンし、買い物やレジャーに最適な場所となっています。この場所は2011年に再開発事業が終了したばかりで、緑や水などをテーマに作られ、憩いの場所としても最適です。郊外の商業施設の利点を生かし、ゆとりのあるつくりとなっています。

住宅街へと続く場所には海外発祥のおしゃれなレストラン、グルメストアなども登場しています。日常の買い物にも便利なスーパーもありますから、都心まで出なくても近くで買い物を楽しむことができます。なかには夜景や眺望が楽しめる場所からは、夏には花火大会富士山まで見渡すことができる開放的な空間が広がっています。

自然が感じられる環境が広がる

二子玉川は多摩川へも歩いて3分という距離のため、自然のよさでも魅力を感じることができます。多摩川には川遊びができるスポット、バーベキューを楽しめる場所などがあります。川沿いを利用してジョギングやサイクリングを楽しむ人たちも多くいます。

河川敷には公園が整備され、近くには多くのマンションが建てられているため、景観の良い住宅を選ぶこともできます。マンションから見られる多摩川の景色を楽しんだり、自分の庭のような感覚で過ごす人も多くいます。

多摩川を越えた二子新地にはのんびりとした住宅街が広がっており、地域の人たちが寛いでいる様子も見られています。自然も楽しめて高級感がある街だけあって、家賃はやや高めの設定ですが、環境が整っていることから選ぶ方も多くなっています。

二子玉川は都心からも近く、自然が豊かで商業施設が充実しているなど、住みやすい環境が整えられています。最近完成した再開発事業でもさらに発展が見られており、ますます注目度が上がる可能性があります。多摩川の景観の良さ、高級でブランド力がある街並みは、住みたい街としても上位に上がる人気の場所となっています。