電気街・ヲタクの街で注目を集める秋葉原に暮らそう

大規模な電気街、そしてオタクカルチャーの聖地としても大きな注目を集める秋葉原。買い物や情報発信の地として有名ですが、実は住みたい街としても人気を博しているのです。関東全域を対象にした住みたい街ランキングでは30位以内に入っており、不動産投資を行うにもねらい目であるといえます。秋葉原の街に住んだときの魅力とはどのようなものでしょうか。

photo0000-4207

東京駅からすぐそばにある

住みたい街としての秋葉原の魅力は、やはり交通アクセスの良さです。JR山手線を使えば、都心部のみならず全国各地への玄関口である東京駅まではおよそ3分。通勤などはもちろんのこと、地方に出るときにもアクセスが簡単で楽なのです。その他の都心部に出かけるにも便利で、立地としてはとても魅力的です。

電化製品などの購入に適している

秋葉原といえば昔から電気街として栄えてきました。オタクカルチャーのイメージが強くなった今でも電気街としての役割を十分果たしており、大型の家電量販店やPCパーツを販売するお店も数多く充実しています。また昔からある電気店も健在で、街の電気屋さんとして利用することも可能なのです。電化製品についての買い物についてはまず困ることがなく、何でもそろえることができるといえるでしょう。大型家電からPCの小さなパーツまで、秋葉原に住んでいれば遠出することなく手に入るわけです。またより安い家電品を比較するために街を回れば相場がわかり、よりお得な買い物ができることにもつながります。

24時間営業のスーパーやドン・キホーテなどが充実

電気店やオタク向けショップばかりが立ち並んでいる印象が強い秋葉原に住んでも、例えば食料品や日用品など毎日の買い物にはやはり困るのではないかというイメージが強いようです。しかし実際には、24時間営業のスーパーがあるため、逆にいつでも生活に必要なものを購入できて便利なのです。さらに、さまざまな種類の品物が安く手に入るドン・キホーテもあるため、衣料品や雑貨、化粧品などについても安くそろえることができます。ブランド品なども格安で販売されていますから、遠出して百貨店に出向く必要もないわけです。その他、少し足を伸ばせばアメ横にも近く上野にも歩いて出かけられるため、秋葉原で暮らす上で買い物の心配は特にありません。

山手線や地下鉄が使える便利な土地柄だ

JR山手線を始め、秋葉原は多くの路線が乗り入れています。JR総武線や東京メトロ日比谷線、さらにはつくばエクスプレスも利用できるのです。山手線や東京メトロを利用すれば都心部をほぼフォローできますし、総武線で千葉方面、つくばエクスプレスで茨城方面に出るのも簡単です。このように交通にも困らない秋葉原は住みたいと思っている人も多く、実際に商業施設のある通りを少し奥に入ると戸建て住宅やマンションも立ち並ぶ住宅街となっています。人が住みつきにくいように見えて、実は利便性が高く快適に住める街が秋葉原なのです。

関東全域でも住みたい街として挙げる人が多い秋葉原は、交通アクセスもよく毎日の買い物にも大きな家電品の買い物にも困らない便利な街です。一歩入ればマンションも多く、この地で不動産投資を行えば秋葉原が好きな人たちの需要を得ることができるでしょう。